カーペンターズ記憶に残る人気曲TOP7

カーペンターズ記憶に残る人気曲 TOP7

TOP 楽曲 アーティスト アルバム リリース
1 トップ・オブ・ザ・ワールド カーペンターズ ア・ソング・フォー・ユー 1972年
2 イエスタデイ・ワンス・モア カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン 1973年
3 青春の輝き カーペンターズ 見つめあう恋 1976年
4 遙かなる影 カーペンターズ 遙かなる影 1970年
5 雨の日と月曜日は カーペンターズ カーペンターズ 1971年
6 シング カーペンターズ ナウ・アンド・ゼン 1973年
7 楽しいそり遊び カーペンターズ、アレックス・コイナ Seagate® Backup Plus Desktop Drive 5TB (.860kg) 2015年

 

 

カーペンターズ
アメリカ出身の兄妹で一緒に歌っていたデュオです。妹の当然の病死で活動を停止してしまいましたが、数多くヒット曲と名曲を後世に伝え残しました。カーペンターズの曲はCM曲やドラマなどで起用される事が多かったので、何処かで耳にした事がある曲が多いです。ボーカルの深みと包容力を感じさせる、スケールの大きな声が印象的です。そして、兄妹デュオの声質を活かしコーラスも絶品です。学校の吹奏楽部でもよく、カーペンターズの曲を使用してました。

 

 

♪「トップ・オブ・ザ・ワールド」
日本では、ドラマ「未成年」のオープニング・テーマ曲で使用されましたね。1972年アメリカでチャート1位を獲得しました。テンポのある曲で流れるような曲です。


♪「イエスタデイ・ワンス・モア」
ドラマ「永遠のぼくらsea side blue」の挿入歌で使用されました。
だんだんとフェイド・アウトしていくアレンジが当時は活気てきでしたね。


♪「青春の輝き」
こちらも、ドラマ「未成年」で使用されました。自然に涙腺を刺激するメロディが特徴です。


♪「遙かなる影」
決して明るいノリの良い曲ではないのに、自然に体がリズムをとってしまうゆったりとしたテンポのドリーミーな曲です。空想の世界に誘う曲、という感じです。詞の内容も想像の世界を題材にしていますね。
元々は、バート・バカラックとハル・デイヴィッドが「遙かなる影」を書いた時は、ダイナ・ワシントンとライオネル・ハンプトンの為の曲でした… が、カバーしたカーペンターズバージョンが大ヒットした事で、この曲はカーペンターズの曲として記憶されるようになりました。そして、カーペンターズにとっては、この曲で初の全米1位を達しました。

素敵な歌詞ですね。

 

 

 

♪「雨の日と月曜日は
その情景や風景が浮かんでくるメロディーとボーカルがマッチしていてすごく良いです。ストリングスのアレンジも聴きもんですよ。
梅雨の時期や雨の日にや憂鬱な日に、憂鬱なこの曲を聴いても何故か憂鬱さが嫌ではなくなるのが不思議。

 


♪「シング
シオノギ製薬のCMソングで起用されました。この曲は日本でも放映された『セサミ・ストリート』からの曲のため、子供達のイメージが浮かんでくる曲です。少年合唱団のコーラスもこの曲にピッタリ合っています。1974年の武道館コンサートを思い出します。

懐かしい~、レコードジャケット