ビリー・ジョエル記憶に残る人気曲TOP9

ビリー・ジョエル記憶に残る人気曲 TOP9

TOP 楽曲 アーティスト 備考
賞 / アルバム
リリース
1 Honesty ビリー・ジョエル グラミー賞 最優秀楽曲賞 1978年
2 ストレンジャー ビリー・ジョエル ストレンジャー 1977年
3 Uptown Girl ビリー・ジョエル グラミー賞最優秀アルバム賞、MTV Video Music Awards 最優秀男性ビデオ賞、グラミー賞 最優秀男性ポップボーカルパフォーマンス 1983年
4 Tell Her About It ビリー・ジョエル イノセント・マン 1983年
5 Just The Way You Are ビリー・ジョエル ストレンジャー 1977年
6 ニューヨークの想い ビリー・ジョエル グラミー賞 最優秀ポップ・コラボレーション賞ヴォーカル部門 1976年
7 The Longest Time ビリー・ジョエル イノセント・マン 1983年
8 マイ・ライフ ビリー・ジョエル ニューヨーク52番街 1978年
9 ピアノ・マン ビリー・ジョエル グラミー殿堂賞 1973年

 

 

ビリー・ジョエル
アメリカのシンガーソングライターで歌手、ピアニスト、作曲家。
ポップなメロディと、都会的なアダルト・コンテンポラリー・サウンドで1970年代後半から1990年代前半にかけてヒットを連発。担当楽器はボーカルの他、ピアノ、ハープシコード、ハモンドオルガン、ギター、ハーモニカなど多才に及ぶ。

 

 

♪「Honesty」
「誠実」とはについて、語っている曲です。とても詞の内容に考えさせられます。
日本では、1978年にネッスル・ホットチョコのCMに使用されたり、1990年代には、ソニーのCMにも起用されました。私は、ビリージョエルーの曲の中では、この「オネスティ」が一番心に沁みます。

特に今の若い世代の人達に「誠実」について思いながら、是非聴いて戴きたい曲です。
ビリーの中で、一押し曲です!

 

 

 

♪「ストレンジャー」
心に沁みる最初と最後の静かなイントロといい、リズムのあるテンポに変調する部分は才能を感じずにいられません。
日本でだけ独自にシングル化され大ヒットしました。ラジカセCF-6500のCMソングやホンダ・CR-V(初代)のCMとして使用されました。

ン!一瞬… 寺尾聰の「ルビーの指環」のイントロに似ている…
これはパ◯リでしょうか?…

 

 

♪「Uptown Girl」
ビリージョエルの曲の中では、リズミックなノリの良い曲です。ビルボードチャート最高位3位を獲得。日本では、キリンビールCMソングや王様のブランチのオープニングテーマとして使用されました。

むむ… 出だしが、KANの「愛は勝つ」と少し似てる…
これもパ◯リか…

 

 

♪「Tell Her About It 」
こちらもノリの良い曲でダンスミュージックになっています。ずーっとリズムをとってしまう曲です。
ビルボードチャート最高位1位獲得。情報番組「とくダネ!」のテーマソングとして使用されました。

なんとアイドル歌手だった河合奈保子さんが歌ってる「あの娘にアタック」がありました。
♪「Just The Way You Are 」
しっとしたムード曲です。大人の世界に誘います。
恋の期間が長くなって彼が彼女に対して無関心に見える頃の女性の不安な心理を描いた曲です。
けれど… 男性はそうは感じていないんだよということですね。
ただし、こういった風に考えてくれる男性は少ないのが現状。
ビルボードチャート最高位3位獲得。日本では、トヨタ・エスティマのCMソングや、情報番組『2時ピタッ!』 のエンディングテーマとして使用されました。

 

 

 

 

♪「ニューヨークの想い」
この曲は、約6分位のとても長い曲になってます。曲調もゆったりしているので人生を振り返りながら聴くといいかもしれません。酸いも甘いもあふれるほどの様々な経験をしてきた人なら奥深い曲になるかもしれませんね。
ビリーがデビュー後、ロサンゼルスを去ってニューヨークに戻る想いを綴った曲だそうです。
この曲も様々なアーティストにカバーされています。

懐かしいジャケットです。

 

 

 

♪「The Longest Time」
この曲は、私ごとですが当時ヤマハミュージックスクールのLIVEでアカペラで歌った曲なので、記憶に焼き付いています。
ハモリとコーラスがとても重要な曲なので、メンバー全員でパートわけして歌ったのを思い出します。
ビリーの曲は、悲しい曲でもテンポあるリズムにのせて作るのが特徴的かもしれませんね。
日本では、ドラマ『真昼の月』の挿入歌として使用されました。

 

 

 

 

♪「マイ・ライフ」
ビリーは日本を特に特別に感じていて、日本だけでのみ特別に曲を披露するということもあったそうです。
日本の歌曲「さくらさくら」をイントロに「マイライフ」が始まります。この曲は、人生はどの道を歩んでも正解だと歌っている曲です。ビルボードチャート最高位3位獲得。