椎名恵 記憶に残る人気曲TOP10

椎名恵 記憶に残る人気曲 TOP10

TOP 楽曲 アーティスト アルバム リリース
1 今夜はAngel 椎名恵 MISS YOU 1986年
2 Change me! 椎名恵 MISS YOU 1986年
3 Shooting to Lover 椎名恵 MISS YOU 1986年
4 悲しみは続かない 椎名恵 悲しみは続かない 1986年
5 愛は眠らない 椎名恵 蒼の時刻(とき) 1986年
6 LOVE IS ALL ~愛を聴かせて~ 椎名恵 蒼の時刻(とき) 1986年
7 ハート・オン・ファイアー 椎名恵 椎名恵 パーフェクト・ベスト 1987年
8 I miss you 椎名恵 MISS YOU 1986年
9 THE WIND 椎名恵 コレクション椎名恵 1987年
10 時の向こう側 椎名恵 MISS YOU 1986年

 

椎名恵
椎名恵といえば、シンガーソングライターであり実力派シンガーの一人です。あまりメディアには出てきませんが、歌声はテレビドラマの主題歌やCMソングのヒット曲で知られている事が多いです。
「あっ!この曲いいな♥」「なんか聞いたことある…」など、洋楽のヒットソングをカバーする事が多かったですね。

 

 

♪「今夜はAngel」
椎名恵のデビュー曲でありこの曲で、いきなりの大ヒットを飛ばしました。アメリカ映画「ストリート・オブ・ファイヤー」の挿入歌で「Tonight Is What It Means to Be Young」が原曲で、それをカバーしたものです。日本では、ドラマ「ヤヌスの鏡」の主題歌で知られています。

バックダンサーが宇宙人スタイルでおもろい。

 

 

映画 ストリート・オブ・ファイヤーの「Tonight Is What It Means to Be Young」です。
何度もビデオを借りてきて見ました。映画の内容も主人公が歌手になるという設定で、曲もすごく映画にマッチしていて感動的でした。

♪「Change me!」
個人的に思い入れがある曲です。この曲でデモテープを作るほどお気に入りの曲でした。
なんといっても、サウンドが最高!
椎名恵の曲は外国のカバーが多いので、この曲を手がけたティモシー・タッチトン氏を尊敬します。個人的には危険な香りのする詞の内容の方は好きではないのですが、作曲は最高だと思います。椎名恵の音源が無いのが残念ですが、原曲であるヒューバート・カーの「Angel 07」がありました。
でも… 比べると椎名恵が歌った方が断然良いです。

 

 

 

♪「Shooting to Lover」
この曲は日本人の作曲家、渡辺 博也が手がけた最高傑作です。個人的には、この曲でオーディションに挑みました。こちらに関しても詞の内容は好きではないのですが、サウンドが好きでした。こちらも音源が無いのが残念です。

 

 

♪「悲しみは続かない」
原曲は、ミートローフの「Good Girls Go to Heaven」です。初めの出だしが全然違います。
日本ではドラマ「このこ誰の子?」の主題歌でしたね。

 

ミートローフが歌うこちらは、ロック風に仕上がっています。

 

 

♪「愛は眠らない」
原曲は、オリビア・ニュートンジョンの「そよ風の誘惑 Have You Never Been Mellow 」です。
そして、ドラマ『花嫁衣裳は誰が着る』の主題歌でしたね。

原曲のオリビア・ニュートンジョンが歌う「Have You Never Been Mellow」です。

 

 

♪「LOVE IS ALL ~愛を聴かせて~」
原曲は、シャーリーンの「愛はかげろうのように I’ve Never Been to Me」です。
そして、ドラマ『おんな風林火山』の主題歌でしたね。この曲は、ウエディングソングとして定着しましたね。私自身も姉の結婚式で歌いました。

 

原曲の「I’ve Never Been to Me」です。

 

♪「ハート・オン・ファイアー」
三菱石油CMソングでした。洋楽のカバーが多い中で、この曲は椎名恵さん自身が作詞をされています。作曲は大内義昭さんです。